エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. 発想の転換! 外国語で振り返る日本語コミュニケーション

記事一覧

その他×マインドチェンジ

発想の転換! 外国語で振り返る日本語コミュニケーション

うまく話せないと感じている人は、自分で自分のハードルを高く設定しすぎているのかもしれません。日本語ではなく、他の国の言葉を使ってコミュニケーションをとるという体験を通して、伝える力を再発見してみましょう。

140128_enJOYComplex話が苦手×マインドチェンジ ~ うまく使えない日本語はちょっと休憩。英語を勉強して日本語コミュニケーションを振り返る
画像出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/7571?title

 

コミュニケーションの基本は「伝えたい」という気持ち

外国語で話すというと、それだけで無理だと感じる方もいるでしょう。もちろん、日本語で考えたことを外国語でいおうと思うと無理かもしれません。まず、言いたいことをどんどん単純化して、単語で伝えてみるのです。
日本語よりうまく使いこなせないので、一生懸命体や手をつかって表現しようとするはずです。そうすると、言葉ができなくても伝わる、ということを実感できるようになります。話を伝えるためには、会話以外の表現を見直してみると、日本語でのコミュニケーションにも活かせるようになってきます。

外国語で表情豊かになる

実は外国語を勉強すると美容にもいいのです。たとえば英語なら、rの発音は日本語にはありません。舌やほっぺたの筋肉、唇の開け方など、日本語にはない発音をするということは、普段は使わない顔面の筋肉をつかうことになります。また、外国語で話そうと思うと、表情も大切になります。
言葉ができないと、笑顔や目の表情など、すべてを使って感情を伝えなければなりません。嬉しいとか楽しいか、困っているとか、言葉だけでなく伝える技術が身に付きます。さらに、頬の引き締め効果やあごのラインを出すような効果もあります。美貌とコミュニケーションツールの両方を手に入れることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。

言葉を楽しむために

コミュニケーションに難しさを感じている人は、自分自身で言葉というものに高いハードルを設定していることがあります。あまり慣れてないものに緊張するのは当然です。外国語を勉強する時には、まず言葉に慣れることが大切ですから、DVDなどで字幕を見ながら外国語に慣れましょう。
大切な言葉だけ聞きとれれば、あとはなんとかわかるようになるものです。これは日本語でも同じで、実は要点というのはシンプルなものです。相手の会話のポイントは何か、自分が一番言いたいことは何か。これをはずさなければ、コミュニケーションは成立するのです。

 

今回は外国語を学ぶことで、日本語のコミュニケーションを見直してみようということでしたが、実は言葉は関係なく、やり方やポイントなんだということが実感できると思います。また、日本語という言葉のもつ奥ゆかしさが、表現の難しさにもつながっているところがあります。日本語では「愛してる」と言えなくても、英語なら「I Love You」と言えることもあります。シンプルなコミュニケーションを学ぶためにも、外国語はいい方法です。ぜひ、試してみてくださいね。

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他