エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. 食事を変えるだけで髪質が変わる! 育毛のためのマスト食材とは

記事一覧

食事を変えるだけで髪質が変わる! 育毛のためのマスト食材とは

人間の体は、様々な細胞が組み合わさってできています。
ではその細胞は何から作られているかといえば、「食べ物」ということになります。

私たちが毎日、何を食べているか、どのように栄養を摂取しているかによって、人の体は変わってきます。
この変化が目に見えてわかりやすいのが、実は髪の毛です。

生き物はまず、生命を維持するということを最優先に体を作るため、栄養が不足したり、ストレスなどを受けた時には、それまで髪の毛や爪などにまで送っていた栄養をストップさせ、生きていくのに必要なところへまわしてしまうのです。

これは、ダイエットなどで偏食したりカロリー制限をしている場合にもあてはまります。薄毛の原因の一つには、栄養不足も挙げられるのです。

では、育毛のためにはどんな栄養を摂取すればいいのでしょうか。

食事を変えるだけで髪質が変わる!育毛のためのマスト食材とは
画像出典:Dreamstime.com

髪の毛を作る材料となるたんぱく質

髪の毛はアミノ酸という成分が結合して作られたケラチンというたんぱく質で作られています。
このケラチンには、シスチンと呼ばれるアミノ酸が含まれており、このシスチンを作るのに必要なのがメチオニンという必須アミノ酸です。

つまり、このメチオニンというアミノ酸が健康な髪の毛を育成するための必要成分ということになるのですが、これは体内で作ることができません。
そのため、このアミノ酸を多く含んだ食材を摂取することで、外部から取り入れるということになります。

ただし、たんぱく質の摂りすぎは、体の内臓などに負荷がかかりますので、適切な量を守って摂取するようにしましょう。

必須アミノ酸が多く含まれる食材:大豆、イモ類、玄米など

良質のたんぱく質が多い食材:鮭やサバなどの魚類、鶏肉、卵など

たんぱく質の吸収を助けるビタミン類

たんぱく質は体内に取り入れられたあと、分解されてアミノ酸となり、再結合されます。

この時に必要なのがビタミンです。たんぱく質をいくらたくさん摂取しても、ビタミンが不足していると再結合できず、栄養として吸収されないということになります

その再結合に必要なのはビタミンB群ですが、その他のビタミン類も髪の毛を育成するためには不可欠の栄養素です。
緑黄色野菜に多く含まれますが、生の野菜をそのまま摂るよりも、蒸したりゆでたりして火を通し、消化しやすい状態にしたものを多く摂取することで効率よく体内に取り込むことができます。

ビタミンB群の多く含まれる食材:いわし、まぐろ、鮭、にんにくなど

その他ビタミンの多く含まれる食材:にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜

健康な髪の毛を維持するためのミネラル類

ミネラルというのは、人間の体を健康に美しく維持するためには不可欠の成分です。
このミネラル類が体内に不足してくると、健康維持のために髪の毛や爪などにはまわされなくなるのです。
このことから、発毛トラブルが起きて薄毛になったり、今生えている髪の毛や爪がぼろぼろになったりします。

よく知られているミネラルとして、亜鉛や鉄分、カルシウムなどがありますが、これらもメチオニンと同じく、体内では生成されないので食物を通して体内に取り込む必要があります。

ミネラル類が多く含まれる食材:卵、牡蠣、大豆などの豆類

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他