エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. 季節の変わり目に、セルフマッサージで自律神経を整えよう!

記事一覧

肌荒れ×季節の変わり目

季節の変わり目に、セルフマッサージで自律神経を整えよう!

季節の変わり目には体調を崩すことが増えます。その原因は、体調を管理してくれる自律神経が、気温の変化についていけなくなるから。自律神経の乱れはそのまま代謝の乱れにつながり、肌が乾燥したり、免疫力や抵抗力が弱くなったりしてしまいます。季節の変わり目は体調管理と同時に、セルフマッサージを取り入れて、自律神経を整えていきましょう。

 140622【原稿お戻し_aotomidori】肌荒れ×季節の変わり目 季節の変わり目にはセルフマッサージで、自律神経を整えよう!.jpg
画像出典:http://www.ashinari.com/2012/05/01-361555.php

爪もみマッサージ

手先・足先は神経が多く通う場所。爪のつけねを親指と人差し指で挟み込み、10~20秒しっかりもんでいきます。薬指は交感神経とつながっているため、気分をすっきりさせたい時や、副交感神経優位な状態で起こりやすいアレルギーが気になる方のみ、押すようにしましょう。親指は肺などの呼吸器、人さし指は胃腸、中指は耳、小指は心臓や腎臓などの循環器に対応しており、それらをもむことで、自律神経を整えて免疫力を高めることができます。

(参考)
CLUB Panasonic(クラブパナソニック)「ダイエットナビ・つめもみ」
http://club.panasonic.jp/diet/relax/tumemomi/

顔周りをマッサージ

手先・足先と同様に、顔も神経が多く集まる場所。さらに免疫をつかさどるリンパも多く流れています。顔周りをマッサージすれば自律神経を整え、体調を元から整えるだけでなく、リンパの流れを良くでき、美容効果も期待できます。顔周りをマッサージして、自律神経を整え、リンパの流れを促していきましょう。

・後頭部・まぶたをマッサージして、血行を良くしてリラックス
まずは後頭部の生え際をしっかりもんでいきましょう。後頭部の生え際にはツボがたくさん集まっており、もむことで血流やリンパの流れを促すことができます。次にまぶたの上に手のひらのふくらんだ部分を乗せて、ゆっくりと目を押し込むようにして圧力をかけます。(押し過ぎに注意)。目の裏側にある神経を圧迫することで、副交感神経の迷走神経が刺激され、リラックスすることができます。

・顔の皮膚を持ち上げて、顔全体を軽くマッサージ
前髪の生え際からこめかみにかけて、手のひらの膨らんだ部分でしっかり押さえ、上に向かって引き上げるようにマッサージしていきます。顔の皮膚を持ち上げるようにして、マッサージするのがポイントです。

・眉毛部分のお肉をマッサージ
眉毛をつまみ、眉頭から端まで軽くほぐすようにマッサージしていきます。

・おでこをマッサージ
おでこの中央を親指と人さし指でつまみ、くるくる回すようにしながら、おでこをマッサージします。おでこの肉が薄くてつまめない人は、人さし指でおでこの中心を押して、くるくる回すようにしてマッサージしましょう。

・耳周りをマッサージ
耳たぶをつまみ、下にひっぱります。その後、耳全体を上から横、下にかけてひっぱっていき、最後にぐるりと回します。顔のむくみ解消にも効果があります。

・頬を引き上げるマッサージ
最後にあごの下から耳の上まで頬を引き上げるようにして、指の腹を使ってマッサージしていきます。皮膚を傷つけないように、やさしく行っていきましょう。

顔はたくさんの神経が集まり、さらには皮膚が薄い場所であるため、強いマッサージはかえって負担をかけてしまうことがあります。あくまでやさしく、体の働きを促すような気持ちで行いましょう。また顔の神経に異常がある方や、肌が敏感になっている時、肌トラブルのある時は、マッサージはしないようにしてください。

季節の変わり目に体調を崩しやすい方は、体調管理と自律神経を整えることが大事。マッサージを取り入れて、早めに予防してみてくださいね。

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他