エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. まつ毛の老化で目元印象ダウン!これからはまつ毛を育てる時代へ

記事一覧

まつ毛の老化で目元印象ダウン!これからはまつ毛を育てる時代へ

長く美しいまつ毛は女性の憧れ。メイクの中でもまつ毛を美しく見せることで、印象が大きく変わることってありますよね。マスカラやエクステ、まつ毛パーマなど、まつ毛メイクは様々ありますが、最近はまつ毛ケアを気にする人も増えてきました。

まつ毛美容液「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」を始めとした、エイジングケア用品を販売するアンファー株式会社の調査によると、アンケートに答えた女性の60%が「まつ毛の老化」を実感。またまつ毛が生えている本数の1/3近くも、1ヵ月に抜けていることがわかっています。

「自分のまつ毛満足度」調査では、平均点55.2点と厳しい自己評価。20代と50代では10ポイント近い開きもあり、年齢が高くなればなるほど自分のまつ毛への評価が下がる結果となりました。

また肌だけに限らず、「まつ毛の曲がり角」を実感している人も多く、年代によって回答にばらつきがあったものの、平均「32.3歳」でまつ毛の衰えを実感し始めると答えています。

9c705dde4bdddca84ddd72246002e306_s
画像出典:http://www.photo-ac.com/

「まつ毛は年齢と共に衰える」と6割の女性が実感!

アラサー前後がまつ毛老化を感じる境目というのは、全世代共通の実感となっているようです。

10代の頃とまつ毛に変化があったかを聞いたところ、「少なくなった」(34%)「抜けやすくなった」(26%)「細くなった」(23%)といった回答が多く見られました。特に50代の約半数が「少なくなった」と答えているところを見ると、まつ毛は目元の印象を左右しメイクでもよく見る部分でもあるため、ボリュームが気になる人が多いようです。

更に、女性がまつ毛に対してどれだけ正しい知識を持っているかを調査した結果では、抜けまつ毛について想像しているよりも実際は年間で240本も多く抜けていることがわかりました。

まず上まつ毛の平均的な本数は約300本と、調査対象者の回答と実際の本数はほぼ近い結果に。まつ毛の寿命も約3〜5ヵ月と、実際の生え変わる期間とほぼ同じ結果が回答されました。主にまつ毛が抜けるのは新しい毛が生えてくる時に押し出されて抜けることが多いのですが、まつ毛に負担がかかると生え替わる前に抜けてしまうので気をつけたいものです。

1ヵ月あたりの抜ける本数は、女性たちの回答が平均70本に対して、実際の本数は約30〜90本。90本というのは生えている本数の1/3に当たり、回答数の70本から20本の開きがあります。これは年間にすれば240本とかなりの差。特に1日3本以上抜けてしまうのは、間違ったケアやメイクで負担をかけている可能性が高いため要注意ですね。

女性が感じている「まつ毛が長いと思う長さ」は平均13.6mmでしたが、実際は約7mm程度。部分によっては10mmほどある場合もあり、まつげエクステのサロンでも平均10mm以上のエクステを提供することが多いようです。ただ13mmもまつ毛を伸ばすのは難しいとのこと。女性のまつ毛に対する高い理想と、現実にはギャップがあるのですね。

アンファー株式会社のエイジング研究所研究員によれば、まつ毛も「毛」と同じく年齢とともに衰えていくとのこと。加齢だけではなく、不規則な生活習慣やストレス、女性ホルモンの低下などでも、まつ毛の環境は悪化するそうです。

まつ毛美容液市場シェアNo.1「ニッポンまつ育プロジェクト」始動中

髪や肌ほどはまつ毛の性質やケアについて、正しい知識を持つ人はまだまだ少ないのが実状。アンファーではまつげ美容液市場シェアNo.1「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」のプロモーションとして、「ニッポンまつ育プロジェクト」をスタートしました。まつ毛を育てることの重要性を広め、「まつ育」のための様々な情報が発信されます。

これからは髪や肌と同様に「美まつ」を目指して、まつ毛も育てる時代へ。加齢やストレスに負けない健やかなまつ毛を育てましょう。

<参考URL>

「ニッポンまつ育プロジェクト」公式サイト
http://sd-beaute.angfa-store.jp/matsuiku/ 

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他