エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. 寒さ対策をしたいけれど着膨れはしたくない! 温かさを保ちながら着やせを狙う方法

記事一覧

ぽっちゃり×着ぶくれ

寒さ対策をしたいけれど着膨れはしたくない! 温かさを保ちながら着やせを狙う方法

冬になると、寒さが我慢できず、ついつい何枚も着込んでしまって着膨れしてしまうという方もいるのではないでしょうか。
寒い時期であっても、おしゃれはしたいものですよね。

今回は、ぽっちゃりさんにお勧めしたい、着膨れしないための冬の着こなしのポイントをご紹介したいと思います。

46b2e3282b904048543b7e498a85479a_s
画像出典:photo-ac.com

 

 

 

「首」が付く部分を温める

「首」が付く部分というのは、首、手首、足首の3か所です。

ここには、人間の体内の中でも比較的太目の血管が流れていて、ここを温めることで血流が良くなり温まります。
マフラーやストールだけでなく、アームウォーマーやレッグウォーマー、長めの手袋などをしっかり活用しましょう。

上半身・下半身にメリハリを!

ざっくりとしたニットは、ぽっちゃりさんにとって心強い味方です。体型のカバーと同時に、女性らしさもアピール出来るのです。

ざっくりニットでも着膨れしないようにするためには、デコルテや、手首などが出るようなデザインだとすっきりして見えます。
外に出る時は、首元も温められるようにマフラーやネックウォーマー、スヌードを持っておくと良いでしょう。

上半身にボリュームを持たせたら、下半身はレギンスやスキ二―パンツなどのアイテムでスッキリさせましょう。
上下にボリュームを持たせてしまうとそれだけで大きく見えてしまいます。

また、ロングスカートなどで下半身にボリュームを持たせる場合は、上半身は細身のトップスでまとめるときれいですね。
ロングスカートの下には、タイツを重ね着したり、気合の入った防寒対策をしりしても外からは見えませんから、冬にはお勧めのアイテムです。

着膨れしやすい冬のアウターはショート丈をチョイス!

冬のアウターの中でも、ダウンジャケットというのは、シルエットをしっかり選ばないと着膨れしてしまう可能性が大きいアイテムの一つです。
基本的なシルエットとしては、ウエストがシェイプされているデザインや、ベルトでウエストがマーク出来るタイプにするといいでしょう。

また、大きな襟が付いていると、小顔効果が期待できます。

素材がツイードで出来ているようなずっしりとした印象のアウターでも、ショート丈だとすっきり着こなせるのでお勧めです。
カラーは、着やせ効果がある黒やダークグレー、ダークブラウンがお勧めです。

冬のファッションはどうしても暗めの色が多く、重たい印象になりがちですが、インナーのトップスを明るい色にしてみたり、ロングネックレスなどのアクセサリーや明るい色のマフラー・グローブなどの小物類で楽しんでみるのもいいですね。

(enJOY Complex編集部)

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他