エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. 脱ケミカルスキンケアで自然に潤う肌を目指そう!

記事一覧

肌荒れ×スキンケア

脱ケミカルスキンケアで自然に潤う肌を目指そう!

ナチュラルスキンケアという言葉を聞いたことがある人は少ないかもしれません。

今は、化粧水や美容液、乳液なども、肌のために開発された化学物質を配合したり加工することによって作られていますが、今のように化学製品が一般的でなかった頃は、植物や天然の素材を使ってスキンケアをするのが当たり前でした。

人の体も、徐々に化学物質に慣れてきていますが、いつもひどい肌荒れをしていたり、何を使っても肌の状態がよくならないという人は、一度、人工的な成分を使ったスキンケアをお休みして、自然のものを使ったナチュラルスキンケアを試してみましょう!

脱ケミカルスキンケアで自然に潤う肌を目指そう!
画像出典:Dreamstime.com

米のとぎ汁洗顔

石鹸やフェイスソープを使った洗顔をしている人は、それを米のとぎ汁に代えてみましょう。
洗顔方法は、米を洗ったあとに出るとぎ汁で顔を洗うだけです。石鹸や洗顔料は使わないということがポイント。

たっぷりあわ立てた洗顔料は、皮膚の汚れをきれいに落としてくれるのですが、人によっては洗浄力が強すぎて、肌に必要な潤いや皮脂を落としすぎてしまうことがあります。
米のとぎ汁の中には、天然のぬかが入っていて、それが自然のスクラブとなって肌表面の汚れを落としてくれます。

保存料などが入っていないため、保存容器などに入れて冷蔵庫に入れ、その日か、翌日くらいには使い切るようにしましょう。

効能抜群! アロエ化粧水

トゲトゲの皮の中に、みずみずしさをたっぷり含んだアロエ。

育てるのも簡単で、軽いやけどや小さな切り傷に塗ったり、胃腸の調子が悪い時には食べることで効果があったりと、昔からの万能薬です。
自宅で育てたアロエで、無添加・自然の化粧水を作ってみましょう。

もし家になくても、ホームセンターなどで1000円もせずに手に入れることができます。

材料:
アロエ、柚子の種、ホワイトリカー、その他あればハーブなども

作り方:
アロエ表面の汚れなどをよく拭き取ります。大き目に切って、広口の瓶の中にあるだけ入れます。柚子の種には、ペクチンが含まれており、ねばねばした成分が化粧水を肌にとどめる役割をしてくれます。

アロエとゆずの上から、ホワイトリカーをひたひたになるくらいに注ぎます。陽の当たらない場所で2か月ほど寝かすと出来上がりです。
使い方は普通の化粧水と同じように、コットンなどに含ませて肌に塗りましょう。

2か月も待てないという場合は、保存料や化学物質をできるだけ使っていない市販のへちま化粧水や、アロエ化粧水、米ぬか化粧水などを試してみるのもいいでしょう。

潤いと美白のヨーグルトパック

今はドラッグストアなどで、毎日使えるような安価な美容パックを売っていますが、美容成分なども、常に外側から与えていると、肌が持っているきれいになろうとする力が働きません。乾燥や日焼けが気になる場合は、手作りのヨーグルトパックで潤いと美白ケアを行いましょう。

材料:
プレーンヨーグルト大さじ2、小麦粉・ハチミツ少々

作り方:
プレーンヨーグルトにハチミツ、小麦粉を混ぜて、皮膚に塗ります。小麦粉を入れることで、肌に塗りやすくなりますが、あまり入れないように調整してください。パックを肌にのせて、5分~10分程度おいて、ぬるま湯できれいに洗い流します。

気温や湿度を見ながら、ヨーグルトが乾燥し始める前に流すようにしましょう。

(enJOY Complex編集部)

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他