エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. ドキドキ感が若さを保つ! 生活に疲れを感じ始めたら見てほしい映画

記事一覧

老け×ときめき

ドキドキ感が若さを保つ! 生活に疲れを感じ始めたら見てほしい映画

若い時は、仕事で緊張してドキドキしたり、恋愛で日々ドキドキしたりすることが多いのですが、経験を重ねるにつれて色々なことに慣れてしまい、ドキドキすることがなくなってきます。
実は、このドキドキというのが心や体に刺激を与え、若々しさを保ってくれるアンチエイジングの強い味方だったのです。
そこで今回は、生活に慣れや疲れを感じ始めた時にぜひ見てほしい、大人がドキドキする映画をご紹介します。

a1300_000005
画像出典:http://www.ashinari.com/2011/03/28-346215.php

 

恋愛映画①「恋人までの距離」

1995年に公開された、イーサン・ホークとジュリー・デルピー主演のアメリカ映画。ヨーロッパを旅行していたイーサン演じるジェシーというアメリカ人が、列車の中で会ったジュリー演じるセリーヌというフランス人女性と出会います。
二人が、翌日の朝までを過ごしていく中で、だんだん近づいていく距離感にドキドキします。若い時に感じた、他愛ないことでも好きな人と話しているだけで幸せを感じられたり、出会ったばかりの男女の微妙な感情のやり取りなどを思い出して、胸がキュンときます。二人の会話や視線、態度の中に見える恋心が素敵な映画です。

恋愛映画②「ビフォア・サンセット」

2004年に公開された映画です。この主演は、イーサン・ホークとジュリー・デルピー。つまり、これは1995年に公開された「恋人までの距離」の9年後を描いた続編なのです。

9年前に1日だけ出会った男女が、時を経て再び会った時、二人の気持ちはどのように変化しているのか、また変化していないのか。色々な経験を重ねていくと、若い頃のように、ただ純粋に相手を信じるという気持ちを忘れがちになりますが、この映画を見て、二人がどうなるのかを見ていくうちに、自然と人を信じたり、恋愛を信じる気持ちが蘇ってきます。ぜひ、「恋人たちの距離」と合わせて見てもらいたい映画です。

アクション映画「ダイ・ハード」シリーズ

ブルース・ウィリス主演の超人気アクション映画のシリーズです。

1作目にあたる1988年公開の「ダイ・ハード」から、「ダイ・ハード2」、「ダイ・ハード3」、「ダイ・ハード4.0」、そして2013年に公開された「ダイ・ハード/ラスト・デイ」までの5作品すべて、絶対に死なない男、ブルース演じるマクレーンがぶっちぎりのアクションを演じています。

このシリーズの醍醐味は、なんといっても年齢を重ねてなおアクションにチャレンジするブルース・ウィリスのかっこよさ! 絶体絶命のピンチをどう切り抜けていくのか、ドキドキハラハラしながら見ているうちに、自分も何かにチャレンジしたくなること間違いなし。ぜひシリーズで見てくださいね。

ホラー映画「シックス・センス」

ナイト・シャラマン監督のホラー映画。主演はブルース・ウィリスと、この映画で一躍スターに躍り出た子役のハーレイ・ジョエル・オスメント。ブルース演じる精神科医のマルコムが、ハーレイ演じるコールという少年の治療に携わることになることから、物語は始まります。視覚、聴覚など、人間が通常持っているとされるのは五感と言われますが、コールは普通の人が感じられないものを感じられる第六感=シックス・センスを持っています。マルコムとコールが出会う不可解な出来事、そして、その結末は……。見ているだけでハラハラ・ドキドキさせてくれ、見終わったあとにもう一度見たくなるホラー映画です。

ドキドキすることで、体も心も若さを取り戻します。ラブストーリーだけではなく、アクションやホラー、サスペンスでも効果あり! 寒い季節は、ぜひ映画でときめきを感じてくださいね。

(enJOY Complex編集部)

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他