エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. 足の痛みを改善してくれるハイヒールの選び方

記事一覧

ぽっちゃり×ハイヒール対策

足の痛みを改善してくれるハイヒールの選び方

足がむくむ、マメができる、そして何より、長時間はくと足が痛くなるハイヒール! ぽっちゃり女子にとっては、かかとの高い靴はできれば避けたいところ。でも、普段仕事をしているなら、ハイヒールが欠かせないという女性も多いかもしれませんね。ふっくらした体型を、スラッと足長に見せたい場合には、ぺたんこ靴よりもハイヒールの方が役に立ちます。

そこでぽっちゃり女子のハイヒール対策には、どんなところに注意すればいいのかをまとめてみました。毎日足の痛みと戦っているなら、ぜひ参考にしてみて!

a1180_005320
画像出典:http://www.ashinari.com/2012/07/18-365550.php

 

まずは自分のつまさきをチェック!

ハイヒールをはいた時の痛みの原因の一つが、靴のサイズが合ってないために起こる足すべり。足がぴったりフィットしていないと、足の裏がすべって皮膚がこすれたり、重心がアンバランスになって足が痛んでしまいます。

この痛みを軽減するには、まずは自分の足にあったヒールを選ぶのが大事。そのためには、まず自分のつまさきをチェックしましょう。つまさきには大まかに以下の3種類のタイプがあります。

A 人さし指が長いタイプ。ギリシャ型
B 親指が長いタイプ。エジプト型
C 指の長さが同じで足の甲が平べったいタイプ。スクエア型

Aタイプの場合は、足すべりによって一番長い人さし指が靴に当たりやすくなります。Bタイプの場合は、つまさきが丸くて幅広い靴だと足すべりが起こりやすくなります。タイプなら、親指と小指の付け根部分が靴側面とこすれやすかったり、圧迫されやすくなったりします。

上記の点に注意して、まずは自分に一番合う靴はどんな靴なのかを確認してみましょう。Aタイプなら人さし指が当たらない靴を。Bタイプならつまさきにゆとりがありすぎないものを。Cタイプなら靴幅が広めのものか、足の甲を圧迫しないやわらかさや伸びのある素材を選ぶと痛みが少なくなります。

自分に合う靴がわかったら、足すべり対策を!

サイズやタイプの合わない靴を履いていると、足すべりが起こり、足の一部分に体重がかかってしまうことに。この足すべりの大きいヒールほど、長時間はくと痛みがひどくなってきてしまいます。

この足すべりを防ぐには、ハイヒールの中敷き・インソールをあらかじめ仕込んでおくのがお勧めです。インソールは100円均一のお店で購入できるので、まとめて購入し、常備しておきましょう。

また、靴の裏に滑り止めシールを貼ったり、ハイヒールと足を密着させるためにシューズ・バンドを使ったりするのもお勧め。足が前にすべらないように、いろんなグッズを使ってみてください。

それでも無理なら……

いろんな足すべり対策をしても、それでも足が痛む場合は、やはりできるだけかかとの低い靴を選ぶのがお勧めです。傾斜がゆるければ、それだけ体重によって足が前にすべることが少なくなります。

またハイヒールをはいた時は、体重をかかとにのせて歩くようにしましょう。きちんと作られたハイヒールは、体重をかかとにのせて歩けるように作られています。もしもそれだと足がぐらぐらするようなら、靴がすり減って重心を支え切れていない可能性もあるため、ハイヒールの底やかかとを直すか、きちんと体重が支えられる靴を購入するようにしましょう。

ハイヒールは、ぽっちゃりさんの身長を高く見せ、すっきりキリッと大人らしく演出してくれます。足の痛みのせいでハイヒールを避けている方も、ぜひ上記のような方法を試しながら、ハイヒールを楽しんでみてくださいね!

(enJOY Complex編集部)

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他