エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. 悩みが尽きない冬のオイリー肌 正しい改善方法にトライ!

記事一覧

肌荒れ×オイリー肌

悩みが尽きない冬のオイリー肌 正しい改善方法にトライ!

冬は乾燥する季節のはずなのに、肌がテカテカ……。
そんなオイリー肌に悩む方のために、正しい改善方法をまとめました。

54ebaae9ac630ca22b705bff6b894445_s
画像出典:photo-ac.com/

冬でもオイリー そのココロは「乾燥」に有り!

なぜ、冬でも皮脂が多く分泌されてしまうのか。その理由は「乾燥」にありました。
オイリー肌は乾燥とは無縁だと思っている人もいますが、実態はまるで逆なのです。

もともと皮脂が出るのには理由があります。それは、肌自身が「乾燥から身を守ろうとしている」から。
それだけの量の脂が必要だと、肌が思っているということなのです。

皮膚はとてもデリケートで傷つきやすいので、肌にバリア機能を備えていて、外からの刺激に対して常に身を守り続けています。
そのバリア機能を壊す原因のひとつが、乾燥。

肌が乾くとバリア機能が衰えて、ダメージを直接受けてしまうため、危機感を感じて皮脂をたくさん出すという結果をもたらすのです。
過剰な皮脂を止めるには、まずは乾燥ケアから始めなければなりません。

正しい改善法その1: 洗い過ぎに注意

オイリー肌の方の場合、テカリを抑えたくて、しっかり洗顔を繰り返していることが多いようです。

洗った直後はさっぱりするので、洗いたくなる気持ちも分かります。
しかし、洗えば洗うほど肌は乾燥するので、「また足りなくなったぞ、もっと脂を出せ! 」という指令が出てしまいます。

洗浄力の強い石けんを使っていたり、1日に何回も洗顔しているようなら要注意。
天然成分やミネラルを含む石けんに変えたり、多くても1日2回程度に洗顔の回数を減らすことで、肌の負担を減らしましょう。

正しい改善法その2: 潤いをきちんと与える

乾燥すると、肌表面に小さなささくれができてしまいます。
すると、角質層の奥の水分までもが、ささくれの隙間を通って蒸発してしまうようになります。
このささくれの状態を元に戻し、肌にきちんと「蓋」をするために、しっかりと潤いを補給しましょう。

正しい改善法その3: テカリ防止コスメを使わない

肌をスムースにする、テカリ防止のコスメが手放せない人もいるかもしれません。
しかし、そのコスメがどうやってテカリを抑えているのか知っていますか?

テカリ防止をうたう化粧品は、コスメ自体が皮脂を吸収することで、脂っぽさを抑えています。

本来、肌を守るために分泌されているはずの皮脂がコスメに吸収されてしまっては「せっかく分泌したのに、もう足りなくなっちゃった」と判断して、追加で脂を出してしまうことになりかねません。

本当にオイリー肌を改善したいなら、皮脂を取り過ぎないことを心がけましょう。

正しい改善法その4: あぶら取り紙ではなくティッシュでオフ

簡単にお化粧直しをしたい時には、あぶら取り紙はとても便利なアイテムです。
ですが、何枚も使ったり、ぎゅうぎゅうと押さえて徹底的に拭き取ったりすると、やはり皮脂の取り過ぎになってしまいます。

テカリが気になったら、ティッシュで軽くオフするくらいにしておきましょう。

慣れるまでは、少し気になるかもしれない改善法ですが、続けることで、肌の乾燥度は軽くなります。
しっかりと潤いをキープして、オイリー肌の悩みを改善してくださいね。

(enJOY Complex編集部)

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他