エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. 粉吹き足を卒業! なめらかな美脚を目指すための乾燥予防ケア

記事一覧

粉吹き足を卒業! なめらかな美脚を目指すための乾燥予防ケア

冬になると増えてくる悩みが、白く粉をふいてしまうすねの乾燥。
ひどくなると、黒いタイツにぼろぼろと、まるでフケのように白い皮がついてしまうという場合もあります。

ここまで乾燥が進んでしまうと、見た目だけの問題ではなく、肌自体に傷がついたり、かゆみをともなってきたりと、トラブルを引き起こしてしまう可能性も。

その原因を知ったうえで、自宅でできる簡単ケアを実践して、なめらかできれいな肌をキープしましょう。

粉吹き足を卒業! なめらかな美脚を目指すための乾燥予防ケア
画像出典:Dreamstime.com

乾燥の原因は皮脂不足

フケと同じように、皮膚がはがれ落ちてくること自体は、必要なくなった古い細胞が新陳代謝の際に取れるということなので、ふつうのことと言えます。

しかし、肌が白く粉をふくまでになってしまうというのは、本来あるはずの肌のバリア機能がなくなっているという、危険な状態なのです。
水分の足りている肌というのは、細胞と細胞の間にしっかり水分が保持されていて、それを皮脂膜が覆うことで水分の蒸発を防ぎ、ハリと潤いが保たれている状態です。

これが、乾燥した空気や、暖房などの熱風にさらされることで、皮脂膜や細胞の水分が少なくなってしまい、細胞同士のつながりが弱く、はがれやすくなってしまうのです。

また、このことでかゆみが発生し、爪でかいたりすることで細胞が傷ついたり、そこから細菌が侵入して炎症を起こしたりすることがあります。

水分だけでなく、油分もしっかり補うケアを! 

肌のケアで一番大切なのは、乾燥がひどくなる前の予防ケア。寒くなってきたり、タイツを履くようになってきたら、保湿を始めてください。

水分補給は、こまめに行うことがポイント。できれば1日に複数回、保湿するための化粧水などを塗ります。
もし、すでに乾燥が始まっているという場合は、ちょっともったいないと思っても、顔に使っているような化粧水を使うと、状態が早く良くなります。

まずは、乾燥した状態を軽くしておけば、そこまで高価なものを使わなくても、十分にケアできます。

乾燥対策として、化粧水などの水分をしっかり補給することだけでなく、その表面にクリームや乳液など、油分が含まれているものを塗布して、水分が蒸発しないようにフタをしてあげましょう。

保湿にいいアイテム:

尿素やセラミド配合した化粧水:角質層の水分を補ってくれる
ワセリン:低刺激で、皮膚の表面に油分の膜を作ってくれる
ハンドクリーム:手に付けるものだが、伸びがよく、保湿にもいい

油抜きダイエットで肌がカサカサに! 食べものから潤い補給

外部からの刺激のほかに、栄養バランスが乱れることで、肌の乾燥が進むことがあります。

特に多いのが、無理な食事制限で痩せようとしている場合。たとえば、果物だけのダイエットや、肉類・炭水化物を食べずに野菜だけを摂るダイエットなどをしている人は要注意です。本来、皮脂として分泌されるべき必要な油分も摂れず、肌だけでなく、爪や髪の毛までボロボロになってしまうことがあります。

美しい体を保つためには、ある程度の油分は絶対に要ります。それでも、スナック菓子や質の悪い油は逆効果。エキストラバージンオイルや、アレルギーなどにも効果があると言われるアマニ油など、新鮮で美容にいいオイルを、スプーン1杯程度なめたり、サラダにかけるドレッシングなどに使用して、体の潤いを取り戻しましょう。

ダイエットで体がカサカサになっている人は、油分を摂るだけでかなり状態が改善されます。
ぜひ、試してみてください。

(enJOY Complex編集部)

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他