エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. ツライ筋トレは不要! 代謝をぐんとアップさせる生活習慣

記事一覧

ツライ筋トレは不要! 代謝をぐんとアップさせる生活習慣

じっとしていてもカロリーを消費してくれる、ダイエットの強い味方・代謝。ぽっちゃり体型から抜け出すには代謝をあげるのがいちばん!
と、分かっていても、忙しくて運動なんてする時間がない女性は多いはず。

一般に、代謝をあげるには筋力をつけるのが効果的とされていますが、実はそれ以外にも代謝をあげる効果的な方法があるのをご存知ですか。
毎日の生活に取り入れられる簡単な方法ばかりなので、ぜひ今日から活用してみましょう!

woman runner warm up outdoor
画像出典:Dreamstime.com

食事はすべての基本 3食しっかりと

運動できない分、食事を減らそう……と朝食を抜いたり、極端な食事制限をしたりしていませんか。実はそれこそが代謝ダウンの原因。

食事と食事のあいだが空きすぎると、身体が”飢餓”状態になり、脂肪を身体にためこもうとしてしまい、太りやすくなるほか、食事をするという人間本来のリズムを乱すことで代謝にも影響を及ぼすのです。

エネルギーを燃焼させる飲みものをチョイス

日中に取る飲みものにも少し気を配りましょう。

コーヒーなどに含まれるカフェインには興奮作用や覚醒作用があり、その結果、アドレナリンが活発になるため、脂肪燃焼に効果的とされています。
また、冷えにはよくないとされていますが、よく冷えたドリンクを飲むと、身体が体温をあげようと働くため、脂肪燃焼が期待できます。

いずれの場合も、ダイエットを意識するなら、糖分が入っていないものを選ぶといいでしょう。

“寝る子は育つ”は本当 良い眠りが代謝アップへの近道

人間は、眠っている間に成長ホルモンが分泌されることで身体が作られます。
つまり、睡眠の質を高めれば、良い筋肉が作られて、自然と代謝もアップするのです。

また、食欲を調整する“セロトニン”や食欲を抑制する”レプチン”といったホルモンも、睡眠不足によって悪影響を受けてしまいます。
いくら食べても満腹感が得られない人は、睡眠不足で身体が悲鳴をあげているのかも。

理想的な睡眠時間は8時間とされています。毎日はムリだとしても、ダイエットのためにはきちんと睡眠時間を確保したいものですね。

食べて眠る 当たり前の生活を目指そう

いかがでしたか。筋トレをしなくても、生活習慣を少し見直せば代謝はアップすることがお分かりいただけたと思います。

食事をきちんと取ってしっかり眠る、そんな簡単なことで代謝はアップします。

ジムに通う時間がないほど忙しい毎日であっても、時には自分の生活習慣を振り返って“食べて寝る”という当たり前の行動ができているか、見直してみてはいかがでしょうか。

参考サイト:体脂肪ナビ.com
参考サイト:基礎代謝アップでダイエット!

(enJOY Complex編集部)

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他