エンジョイコンプレックス -コンプレックスを楽しもう-

  1. トップページ
  2. 肌荒れの原因がスキンケア!? 今すぐ見直そう!

記事一覧

肌荒れ×間違った肌ケア

肌荒れの原因がスキンケア!? 今すぐ見直そう!

ブツブツ、ガサガサ……肌のトラブルで仕事にも身が入らない、そんな経験ありませんか。

1日でも早く治したくて必死にスキンケアをしているのに、なぜか悪化してしまうということがあります。
実は、スキンケアの方法を勘違いしている人が多いのです。

間違ったスキンケアでは肌トラブルはおさまりません。
改めて、正しいスキンケアについて確認しておきましょう。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-DI_IMG_5648-thumb-1000xauto-17815
画像出典:pakutaso.com

スキンケアのやりすぎは禁物!

顔の皮膚はとても繊細なもの。少しの刺激でシワやシミの原因になっていまいます。
ところが、肌トラブルに悩む女性は、ケアに必死になるあまり、必要以上に“やりすぎ”てしまうのです。

最もやりがちなNG行為が、“洗いすぎ”。
肌を清潔に保とうと、力を入れてゴシゴシと洗ってしまうことで、肌を保護してくれる大切な皮脂までが流れてしまいます。
それにより、肌はバリア機能を失い、より一層トラブルに巻き込まれやすくなるのです。

次に多いのが、スキンケアアイテムのつけすぎ。
トラブル肌に栄養を与えようと、乳液、美容液などをたくさん塗りこんではいませんか。
必要以上に油分をつけることで、肌が自然に呼吸をするのを妨げ、ターンオーバーを阻害してしまうことに。

最後に気をつけたいのが、マッサージのしすぎ。
血行をよくしようとマッサージをする人が多いですが、マッサージの方法によっては肌への刺激が強すぎて、シミやシワの原因になったり、肌に触りすぎることでニキビ菌などの細菌が増えたりする結果になってしまいます。

意外? パッティングもNG!

化粧水を手のひらにとってから、顔にたたくようにつけている人はいませんか。血行によさそうなこの方法、実はトラブル肌のスキンケアにはNG行為なのです。

肌をたたくことで細胞にキズがつき、そこから肌荒れが起こってしまうのです。
手のひらではなくコットンを使ってパッティングする人もいますが、たたくのではなく、なでるように使うのが正解。

その際も、肌とコットンとのあいだに摩擦が起きないように、コットンには化粧水をたっぷりと含ませるようにしましょう。

冷やした化粧品も要注意

ひんやりして気持ちいいからということで、夏は基礎化粧品を冷蔵庫に入れていませんか。
実は、その習慣がマイナス効果の要因になります。

最近は冷蔵庫で冷やすことを前提としたタイプも販売されてはいますが、ほとんどの化粧品は冷やすことを想定されずに作られています。
不用意に冷やしてしまうと、化粧品の成分の分離や変化が起こって、肌にマイナスとなる可能性も。

暑い部屋に置いておくのが心配という場合は、直射日光の当たらない日蔭に置き、早めに使いきるようにしましょう。

“やさしくシンプル”が基本

肌トラブルに悩まされると、どうしてもスキンケアをやり過ぎてしまいがち。

ですが通常、肌は28日間でターンオーバーし、新しく生まれ変わります。その自然な働きを促すためにも、あまり刺激を与えず、やさしく、シンプルなケアを積み重ねることが大切です。

1日でも早く、肌トラブルから解放されますように!

(enJOY Complex編集部)

CATEGORY
  • ぽっちゃり
  • 肌荒れ
  • 薄毛
  • 貧乳
  • 老け
  • その他